四季の風景、春夏秋冬、街並み

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

渋谷のキャラクター管理会社のこととか・・

0
    アナログでまだ描いていた最後の頃、渋谷にあったャラクター管理会社が立ち上がった時、
    すぐにキャラクター作品を登録した。
    ここの会社、メインはキャラクター管理でしたが
    イラストのエージェントもやっていた。
     
    他のエージェントでB2のパズルが商品化できたが(下記のイラスト参照)
    その作品をこの会社にあづけたがジグソーパズルなどを売り込んでもらったが、私は商品化に至らなかった。
    アナログでごちゃついたイラストを書いていくのはかなりしんどかった記憶がある。
    毎日画面を埋めていくのが時間との戦いで、そうそうやりたくはなかったが
    それなりの料金が出たので他の仕事を断って2点のパズルにかかりきりになった。
     
    キャラクター イラスト 
    (C)KAWANO RYUJI

     
    渋谷にあったャラクター管理会社の話に戻りますが、
    (現在は社長の死去で会社はなくなったようです)
    色々なテーマパークが地方で流行りだした頃、お話は2〜3きましたが、
    大きな仕事で地方自治体や広告代理店も絡み、かなりうちあわせは続いたが
    地方自治体が緊縮財政を取り始め、いつしかお話は消えていきました。

     
    私のデジタル移行期の最中に東京の某信用金庫からマスコットキャラクターの
    お話がきました。
    あづけていた、犬のキャラをみてご指名がかかり
    あっという間に決まりましたね。
    代理店は凸版印刷金融センターだったと思います。
    このキャラは年間契約で使用料をもらう条件でした。
    それほど高くはなく、年間50万ぐらいの金額だったかと思います。

     
    キャラクター イラスト 
    (C)KAWANO RYUJI
    でも最初の政策はキャラポーズ16点ぐらい書きました。
    あづけていたイラストがアナログで描いていたので
    最初はアナログで描いてましたが、途中から色々不便を感じてデジタルに変えました。

     
    最初のポーズ制作料と年間契約料で初年度はよかったですが
    次年度からなんだか契約更新のたびに年間使用料が下がりだし
    10年ぐらい使ったと思うのですが、最後には30数万になりました。
    評判は悪くはなかったように思えます。
    知り合いの人も「見たよ〜」とかよく言われました。
    このキャラのティッシュをどこかで配っていたらしく
    それを見た浅草のSP会社から声がかかった記憶があります。
    やはり露出ですね〜
    浅草のSP会社を訪問しましたが、結局仕事にはなりませんでしたが。
     
    浅草によったついでにあるも江戸情緒の木版画ギャラリーにふらっと入り
    オーナーと世間話をしているときに、SP会社に持っていたポートフォリオがありましたので
    それをお見せたのがきっかけで、家に戻ってから連絡がきて
    デジタルプリントとポストカードを委託販売していただくように
    なりました。このお話も長くなりますのでまたその後に書きます。

     
    私のキャラクターが営業してくれた結果ですね〜
    人の出会いの縁は不思議なものです。

    JUGEMテーマ:お仕事のイラストレーション&デザイン


    コメント
    コメントする